FORUGRANZ TOYONAKA RYOKUCHIKOUEN

Planning設計提案

9号地

利便性を考慮した動線設計と収納スペースで
無駄なくスッキリ暮らせる邸宅。

9号地 間取図
  • 2階のバルコニーは洗面室との距離感が近いので、洗濯動線が良く、運ぶ手間が軽減されます。また、LDKに面しており室内が明るく爽やかになります。
  • なにかと物が多くなりがちなリビングをスッキリ片付けられるようリビング収納を設けました。
  • 和室は、戸を開放することで、LDKと合わせて23帖以上の大空間になります。また、家事をしながら見守れるので、お子様の遊び部屋としても安心してご利用いただけます。
7号地

家族との会話が弾む団欒空間を実現したゆったり寛げる邸宅。

7号地 間取図
  • 和室を開放することで20帖以上の大空間になるLDKは、リビングを見渡せる対面キッチンを設け、家族が楽しくコミュニケーションがとれる寛げる空間。
  • 勝手口から出入りできる裏庭はガーデニングや家庭菜園など、家族で楽しめる空間としてご利用いただけます。
  • たっぷり収納できるウォークインクロークを設けた主寝室。奥行のあるバルコニーに面し、プライベートタイムをゆったり過ごせる空間を実現しました。